×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

                                                →TOPへ

私見幻想郷マップ

・東方求聞史紀

 基本的に東方求聞史紀の記述に準拠して描いてみました。
 但し、求聞史紀の記述で上記マップが確定する訳ではありません。
 「迷いの竹林」は「妖怪の山」の反対方向、という様な記述が多く、
 絶対的な位置・方角が不明であるためです。
 
 上のマップでその位置関係を決定した根拠の一つは、
 同じく求聞史紀内に語られる、リリーホワイトの目撃情報です。
 毎年西から飛来し妖怪の山へと消えて行くリリー。
 春告精が春の最前線と見れば、日本列島を桜前線の様に
 西(南西)から北(北東)へのルートが仮想出来ます。
 そこで、妖怪の山を北〜北東あたりに配置出来ると考えました。
 萃香の主な活動場所でもあるので、北東(鬼門)に据えようかとも思いましたが、
 神社近くに魔法の森&香霖堂を置きたかったので
 玄武の方角に山を据えてみました。
 あとは、妖怪の山を基準に、迷いの竹林や太陽の畑の方向が決まります。
 人間の里が中央とは限らないと思い多少ずらしましたが、
 結局中心近いですね…
 
 危険区域案内に書かれていなかった、プリズムリバーの廃洋館も記入しました。

・東方紅魔郷

 神社あるいは魔法の森から紅魔館を目指せば、霧の湖を横切ります。
 ルーミアとの遭遇は…どこかその辺で……
 Stage1には川が流れていますが、これが三月精2話で霊夢が渡った川かもしれません。
 三月精では霊夢は真直ぐ西進しますが、
 神社から西には魔法の森があり、森の中か直近に川があるということになりますから、
 うまく川を描けば、Stage1の川が霊夢ルートからも魔理沙ルートからも横切れますね。
 妖怪の山をもう少し東寄りに位置させれば、山から湖への川と同一にもできるでしょうか。

・東方妖々夢

 Stage1のDeep Mountain、Stage2ボスの橙の主な活動場所から考えると、
 Stage1、2は妖怪の山と、そのどこかにあるマヨイガと思われます。
 主人公3人とも、まずは北進したことになりますね。
 冬が長引く異変=冬の源があるとまず考えたのかもしれません。
 で、雪に桜の花びらが含まれる事に気付き、針路変更、
 西の上空へ向い、冥界に辿り着くコースですね。(Stage3の所在は不明)
 冥界を西に据えたのは、
 Stage4の曲解説や英文テロップなどで西遊記に触れている事、
 仏教の西方極楽浄土(厭離穢土 欣求浄土)、
 西行寺幽々子・西行妖、と西づくしであるため。
 リリーもこちらから飛来していますし、
 霊夢達が冥界を目指せばリリーと鉢合わせになります。
 プリズムリバー姉妹の住処も西寄りに配置できましたので、
 冥界のちんどん屋として声を掛けやすいです。

・東方永夜抄

 どこかその辺の原っぱ(Stage1)、獣道(Stage2)、人間の里(Stage3)が近いので、
 結界組や詠唱組はすんなりルートが描けますが、
 幽冥組はかなり迷走したようになってしまいますね…
 まぁ、異変の源も当初は分からなかった事件でしたし
 それに加えてくるくるくる〜でしたから。(ぉ
 紅魔組はみすちー戦の後であからさまに寄り道、かな。
 どのペアからしても、獣道→里のルートは竹林とは方向が異なるので寄り道ですが。
 その分、Stage4で霊夢 or 魔理沙に回りこまれる訳ですね。
 
 Stage4では、「この竹林で迷わないなんて」と霊夢の台詞があり、
 永遠亭の存在は知らなくとも、竹林の性質はよく把握していることが窺えます。
 神社と竹林をやや近い距離に置けたことも、この台詞にマッチするかと思います。

・東方花映塚

 小町と映姫の出没から、再思の道・無縁塚・三途の河を近距離に配備しました。
 求聞史紀では中有の道・三途の河・妖怪の山が近距離であるように描写されているので
 これらをひっくるめて配置してみました。
 太陽の畑から三途の河まで随分ありますが、
 これはまぁ、普段行かない様な所をしらみつぶしにしたとかで、
 畑ステージから再思の道ステージへの長い移動時間は省略されているとか…。
 小町ストーリーでは、「こんな所にいたって、三途の川は遠いわよ?」と幽香も言ってますし。

・東方香霖堂、東方三月精

 霊夢と魔理沙、霊夢と三月精、霖之助と霊夢と魔理沙、霖之助と三月精、
 まぁ、最後は特別としても、これらの関係が頻繁に接触しやすいということは
 地理的にそれぞれの住居も近いと考えられ、従って森と神社を近くに置いてみました。

 

 ってな感じで、東方備望録版の幻想郷マップでした。
 里の西側が寂しいですが、ん〜、新展開の余地も残しつつ、ということで…(^^;;

                                  →TOPへ